2014年04月26日

International Stamp Exhibition HONG KONG 2001〜在来淡水魚6枚組【ベトナム】

vietnam017.JPG
Việt Nam 2001, Michel-3121/3126, postbeeld-svu3121, SG-2383/2388, SW-2269/2274,

Toxotes microlepis[額面400]
Cosmochilus harmandi[額面800]
Anguilla bicolor pacifica[額面2000]
Chitala ornata[額面3000]
Megalops cyprinoides[額面7000]
Probarbus jullieni[額面8000]

 単片6枚組(未使用)。ポストビールドより入手。国際切手展2001香港を記念した、中越に跨って分布する淡水魚のセットです。ベトナムの切手はイーベイに溢れかえっており、その多くはかなり安価です。しかしこのセットのみ余り見かけることはなく、たまに出品されるとトントン拍子に値が上がっていきます。かといって珍しいものではないようで、ポストビールドなら手頃な価格で入手出来るもの。




posted by OT at 15:34| Comment(0) | 東〜東南アジア | 更新情報をチェックする

在来生物枚14組のうち1枚【セーシェル】

seychelle009.JPG
Seychelles 1993, SG-822, SW-769,

Seychelles Killifish[額面350]

 単片1枚(未使用)。ポストビールドより入手。完セットはかなり高額であり、魚類がこれ一枚なのがネック。ずっと手を出しそびれてきましたが、単片で出ていたのですかさずゲット。本種は当然この1枚しか扱われていませんから。




posted by OT at 15:33| Comment(0) | アフリカ | 更新情報をチェックする

Peces del Perú〜在来海水魚5枚組【ペルー】

peru004.JPG
Perú 1972, FSC-27202, Michel-851/855, postbeeld-spu0851, Scott-574/576+C333/334, SG-1120/1124, SW-839/843,

Pristigenys serrula[額面120]
Trachichthys mento[額面150]
Trachurus symmetricus[額面250]
Pontinus furcirhinus[額面300]
Bodianus clancheri[額面550]

 単片5枚組(未使用)。ポストビールドより入手。我が国で発行された魚介シリーズに雰囲気が似ます。チョイスも水産系で珍しい。



posted by OT at 15:33| Comment(0) | 中南米 | 更新情報をチェックする

海洋生物2枚組【モロッコ】

Morocco011.JPG
Maroc 2005, FSC-30519, Michel-1515/1516, postbeeld-smra0521, Scott-1006/1007, SW-1532/1533, WNS-MA024/025.05,

Sparus auratus[額面2.50]
Sepia officinalis[額面6.00]

 単片2枚組(未使用)。ポストビールドより入手。扱われる生物はそんなに珍しくはないのですが、写真がいいのです。



posted by OT at 15:32| Comment(0) | アフリカ | 更新情報をチェックする

観賞魚・水草と小魚10枚組【マレーシア】

malaysia009.JPG
Malaysia 1999, Michel-766/775, postbeeld-smf0766, SG-753/762, Scott-709/718, SW-768/775, Y&T-795/804,

Limnocharis flava[額面10]
Betta imbellis[額面10]
Nymphaea pubescens[額面15]
Trichogaster trichopterus[額面15]
Eichhornia crassipes[額面25]
Sphaerichthys osphromenoides[額面25]
Ipomea aquatica[額面50]
Helostoma temmincki[額面50]
水草[額面50]
チョコ[額面50]

 単片10枚組(未使用)。ポストビールドより入手。通常2段ストリップで販売されています。縦ペアならまあ切り離されていても問題有りませんが、横1列ストリップや10枚バラバラでは図柄が生きません。



posted by OT at 15:31| Comment(0) | 東〜東南アジア | 更新情報をチェックする