2013年01月30日

Peixes e Conchas〜古代海洋生物小型シート5枚組のうち1枚【ポルトガル語諸国共同体聖トーマス及びプリンス】

SaoTomePrincipe002.JPG
São Tomé e Príncipe 2009,
[PWO-SBA(1977-)]

モササウルス類 [額面20000]
ヒボドゥス [額面30000]
魚龍 [額面35000]
魚龍 [額面35000]

 小型シート1枚(未使用無目打)。スタンプデイルより入手。4枚のうち魚類はこの1枚のみ、他の3枚は爬虫類です。一寸高額な4枚を収めた小型シート(FSC-30910B , postbeeld-sst30910b)が基本なのですが、コレクション用に1枚ずつを収めたシリーズが出ていたので必要な物のみ購入です。デラックスシートというほどデラックスな感じはありません。

UNESCO International Year of the Ocean〜海洋生物5枚組【英領マン島】

man001.JPG
Isle of Man 1998, AFA-747/751, FSC-29803, Michel-758/762, postbeeld-smn0758, Scott-776/780, SG-798/802,

イルカ [額面10]
ウバザメ [額面21]
ウバザメ [額面25]
鯨 [額面31]
シャチ [額面63]

 単片5枚組(未使用)。スタンプデイルより入手。国際海洋年シリーズ。マン島は切手(正規)の他に通貨も独自のものを発行していますが、独立国家なわけではなく色々な面で英国です。ウバザメの素晴らしい図柄!タイトルに魚がなく、鯨類が目立つのでノーマークでした。
posted by OT at 13:04| Comment(0) | 欧州・ロシア | 更新情報をチェックする

アフリカ在来淡水魚・海水魚13枚組【ガンビア】

gambia004.JPG
Gambia 1971, Michel-248/260, postbeeld-sga0248, Scott-253/265, SG-271/283, Yvert-246/257,

キハダ [額面2]
エレファントノーズ [額面4]
トビウオ [額面6]
アフリカンスリーパー [額面8]
イエローテールスナッパー [額面10]
ロックハインド [額面13]
イールキャット [額面25]
イタチザメ [額面38]
電気ナマズ [額面50]
タウナギ [額面63]
ノコギリエイ [額面125]
オニカマス [額面250]
ブラウンブルヘッド [額面500]

 単片13枚組(未使用)。スタンプデイルより入手。アフリカの古典シリーズです。図柄は良質で枚数の割に割と安価です。特にイールキャットとタウナギは他では見られません。
posted by OT at 13:03| Comment(0) | アフリカ | 更新情報をチェックする

[C] 観賞魚・淡水及び海水魚4枚組【ブリヤート/ロシア】

Buriatia002.JPG
Buriatia 1998,
[PWO-I]

ベラ [額面1000]
パーチ [額面1500]
ベラ [額面2000]
ベラ [額面2500]

 田型ブロック4枚組(未使用)。スタンプデイルより入手。ロシアン・シンデレラです。かなり期待していたのですが、色ズレが酷く使えませんでした(構図等は決して悪くない)。これらの専門カタログがないのでどのような図柄がどれだけ発行されているのかは判りません。現在海外の切手商にオーダー中の切手(アブハーズ)があるのですが、かれこれ半年経っても入荷の知らせがありません。そろそろ入手困難ということかも。シンデレラは金券の価値がありませんから、不要になれば廃棄されてしまう可能性は高いですね。

posted by OT at 13:03| Comment(0) | [C] ロシア | 更新情報をチェックする

観賞魚・熱帯性淡水魚7枚組【アフガニスタン】

afganistan006.JPG
Afganistan 1986, FSC-28611, Michel-1494/1500, postbeeld-sah1494, Scott-1243/1247, SG-1111/1117, Y&T-1311/1317,

スマトラ [額面5]
ムブナ [額面7]
クラウンローチ [額面8]
リサ [額面9]
8の字フグ [額面11]
ショートノーズクラウンテトラ [額面15]
セルフィンモーリィ [額面20]

 単片7枚組(未使用)。スタンプデイルより入手。質の良い図柄のシリーズです。しかもまだこの頃は公式ですからね。テロが続く現状では切手発行どころではないでしょうし。早く情勢が落ち着くと良いのですが。
posted by OT at 13:02| Comment(0) | 中央〜西アジア、印度洋 | 更新情報をチェックする